アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB377号(11/'13)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です
ひまわり おなら
flower1 野外で歩きながら放屁
東京都 Yさん (47歳)

  42歳のとき、会社の検診で胃の入り口に異常があるといわれました。再検査を受けて食道癌と診断されましたが、術後に噴門部癌と訂正されました。祖父、父、叔父と、皆60歳前後に消化器系の癌で亡くなり、私もいずれは癌になると思っていましたが、粗食だった父の時代よりも明らかに飽食な時代を過ごしてきた私の消化器は、想像以上に早くから癌細胞が発達したようです。
  大食いの私も、胃を全摘したせいか、術後はあまり食べられなくなりました。それでも、術前と同じような感覚でパクパクと食べてしまうので、3口目あたりで詰まって苦しくなり、1時間ほど冷や汗をかきながら、かたまっていました。
  しかし、徐々に腸が慣れてきて、食べるペースもわかってきました。術後5年もたった今は、詰まって苦しくなるのは3ヵ月に1回程度です。
  ほとんどの不具合とは折り合いをつけて生活していますが、唯一困っているのは、おならと大便のにおいです。食後におなかがキュルキュルし始めるとともに膨張感が出てきて、大便かおならかの区別もつかないままトイレに行くと、大きなおならが出たこともありました。逆におならかと思っていると大便だったりして予断を許しません。においもきついので、社内での放屁を避けるため昼食後はできるだけ屋外を歩きます。被害が及ばないように周囲をうかがい、何発も放屁しています。
  肉やラーメン、パスタなどのこってり系の物を食べると、においがきつくなり、生野菜や果物、魚系でご飯を食べるとにおいはあまりしません。たまにこってり系も食べたくなりますが、その後の行動を考えながら食べています。臭いおならを防ぐには、においの元になる食べ物を変えるしかないのでしょうかね。

flower2 ドクターから一言
  おならを防止するための第一手段は、何といっても食べ物の種類と量の調整ですね。たん白質を主成分とする食物が腸内悪玉菌の繁殖によって腐敗を起こすと、インドール、スカトールを成分とする臭いガスが発生するのです。一方、炭水化物、サツマイモ、大豆製品などでも発酵してガスを生ずるのですが、こちらのガスは一酸化炭素、メタンなどで成分が異なり、あまり臭くないのです。


flower1 自然に軽減してきた
北海道 Kさん (55歳)
  胃癌で胃の幽門側を3分の2切除してから10年たちます。術後は食後におならが多いことと、その臭いにおいには閉口しました。食べる量も少ないのにどうしてこんなに出るのかと思いました。でも、出てくるものは仕方がないので、できるだけ家人に迷惑をかけないようにトイレに行って出していました。腸に良いという乳酸菌もとってみましたが、あまり解消しませんでした。しかし、年月が過ぎるうちに、いつの間にか出る回数も減ってきたようです。

flower2 ドクターから一言
  術後10年、いろんな経験をされたことでしょう。食べる量が少なくても、腸のどこかに癒着や通過の悪いところがあると、食物の変化により、発酵や腐敗が起こり、ガスは臭くなるのです。

→ 「胃を切除した人の後遺症対策」トップへ

Copyright(C) 昌平クリニック. 記事の無断転載を禁じます