アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB384号(6/2014)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です。

ひまわり 腸閉塞
flower1 おなかのマッサージが効く
山形県 Yさん (74歳)

  平成18年1月、人間ドックで胃癌と診断され、4月に胃の全摘手術を受けました。手術後、不安を感じたのは、食事のとり方と、癌の転移のことでした。
  退院後の最初の難関は便秘とダンピング症状と高血糖値でした。
  まず、玄米菜食に挑戦しました。玄米は硬くて食べるのは大変でしたが、お通じは良くなりました。ところが、9月に腸閉塞を起こして10日間入院しました。食事の仕方が悪いためと思い、口に入れたら形がなくなるまでよく噛み、口の中に残った野菜などの繊維は吐き出しました。
  2度目の腸閉塞は思いもよらない状況で起こりました。12月の半ば、地域の役員会で長時間の会議があり、途中でおならがでそうになるのをおなかが痛くなるほど我慢をしていたら、帰宅後も痛みが治らず、入院となりました。便秘とおならを改善するには、腸を活性化しなくてはと思い、間食の菓子類をやめて、リンゴとバナナ、グレープフルーツを各4分の1ずつ細かく刻み、寒天とヨーグルトを加えて食べました。
  それから5年ほどは順調でしたが、骨粗鬆症になり、歯が悪くなって玄米のご飯をよく噛むことができなくなりました。仕方なく、7分づきのご飯に変えると腸の調子が悪くなり、下剤を使うようになりました。市販の整腸薬は、そのときは効きますが、慣れると効果が薄れるようでした。今はビオスリHi錠を飲んでいますが、体調は良好です。
  腸閉塞の予防には食事療法やサプリメントだけでなく、体を動かすのが良いと思い、仰向けに寝てひざを立て、へそを挟むように両手でおなかをマッサージしますが、これが便秘対策に良いようです。

flower2 ドクターから一言
  おなかをマッサージするのは有効と思いますが、腸閉塞が起こる原因には複雑な要素がありますので注意してください。腸閉塞は、腸の内側を通る食べ物の種類や量が原因で詰まったり、腸の外側からの圧迫、癒着などの変化、腸の壁そのものに腫瘍(コブ)などができて起こることもありますので怪しいと思ったら腸の検査をすることです。


flower1 海苔巻きが原因
岡山県 Oさん (55歳)

  平成22年2月、胃癌で胃の幽門側を3分2と胆のうを切除しました。
  術後半年たち、順調に食事もできるようになり、家族でおすしを食べに行くことになりました。病院からは、なま物は控えるようにといわれていたので海苔巻きを食べましたが、帰宅後、おなかが張って苦しくなり、吐き気と腹痛が治まらず、病院に行きました。腸閉塞と診断され、「海苔の消化が悪く、腸内にたまったのでしょう」とのことで、1週間、禁飲食で点滴注射を受けました。それからは、海苔には気をつけています。

flower2 ドクターから一言
  海苔巻きが原因で腸閉塞を起こしたのはお気の毒です。海苔は水分を吸収しやすく、膨張したのでしょう。胃が小さくなって、消化液の分泌が間に合わなかったかもしれませんね。また、食材にこだわらず、いろんな物を食べることと、腹八分目が大事です。


→ 「胃を切除した人の後遺症対策」トップへ

Copyright(C) 昌平クリニック. 記事の無断転載を禁じます