アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB388号(10/2014)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です。

ひまわり おなら
flower1 おならは自然に解消
大阪府 I さん (69歳)

  平成21年4月、印環細胞癌で胃の幽門側3分の2と胆のうを切除し、ビルロートI法で再建しました。
  術後3週間ほどで退院し、順調に回復していました。食事は1日3回でしたが食欲もあり、何でも食べられました。
  食後のつかえは多少ありました。ほかにはおならと下痢に悩まされました。おならは頻繁に出ましたが、あまり気にしないようにしていました。そのうち、半年くらい過ぎるとおならの回数もだんだんと減って落ち着いてきました。ただ、下痢はなかなか治まらず、食後に2〜3回トイレに駆け込む状態が3年ほど続きました。
  私はビールが大好きで、退院後10日たった頃から、毎日、晩酌にビールを飲んでいましたが、検診時に主治医より「術後はアルコール類を控えたほうが良いです」といわれました。ビールを飲んでいたために下痢が続いていたのかもしれません。下痢がひどいときは、整腸薬のビオフェルミンを服用し、ヤクルト400を飲みました。また、ビールの量を減らしたほうが良いと思い、350mlの缶ビールか、もっと容量の少ない135mlの缶ビールを飲むようにしました。食事の際は、よく噛んで食べるように心がけました。
  それからは、下痢もだんだんと治まってきました。
  今、とても難儀していることは、前立腺肥大症で頻尿となり、夜間に3〜4回はトイレに起きることです。おかげで毎晩、睡眠不足で疲れます。齢をとれば仕方のないことかもしれませんが、本当に大変です。

flower2 ドクターから一言
  胃を切除して退院後10日ほどで晩酌にビールを飲んだのは、少し早過ぎたかもしれませんね。しかし、半年くらいでおならの回数も落ち着き、下痢も3年ほどで治ったのは、整腸薬や乳酸菌飲料の飲用と、よく噛んで食べるという自己コントロールができたおかげでしょう。なお、前立腺肥大症は、泌尿器科を受診し、治療方法を指導していただくのが良いでしょう。


flower1 軽減法を模索中
東京都 Kさん (58歳)

  平成22年2月、胃癌で胃と胆のうを切除しました。術後は腹痛、下痢、膨満感などに苦しみました。特におならは頻繁でにおいも異常に臭く、家族からは嫌味をいわれています。食べる量は少ないにもかかわらず、なぜこんなに出るのか不思議です。
  おならを減らす方法はないかといろいろ調べてみましたが、特にこれといった対策はないようで、会報の体験談にも自然に軽減するのを待つとありました。私なりに少しでも減らそうと、ヨーグルトなどで乳酸菌をとり、おなかをマッサージし、週に2〜3回ウォーキングをしていますが、軽減しません。何か良い方法はないかと模索中です。

flower2 ドクターから一言
  おならは、ガスが発生しやすい食物のとり過ぎや、腸ガスを吸収する力が弱い場合に出やすくなります。Kさんは後者と思いますので、よく噛んで消化吸収を促すことです。漢方薬では半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)、生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)を試してみてください。


→ 「胃を切除した人の後遺症対策」トップへ

Copyright(C) 昌平クリニック. 記事の無断転載を禁じます