アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB 285号(3/'06)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です
ひまわり 嗜 好 の 変 化
flower1 食べられない物も工夫次第
大分県 Mさん (72歳)
40歳を過ぎてから、毎年人間ドックを受診しており、69歳のとき早期胃癌が発見され、胃の幽門側を3分の2切除しました。術前には毎日飲んでいたみそ汁や牛乳が鼻について飲めなくなり、食欲も全くなくなりました。体力や気力が落ち、58kgの体重は49kgに減りました(身長165cm)。このままではだめだと思い、みそ汁の代わりに豚ひき肉と小さめの煮干しをみそで炒めて鉄火みそにしたり、牛乳の代わりにチーズ、ヨーグルトなどの乳製品をとりました。
  何事も努力と工夫次第、そしてプラス思考が大事だと思います。

flower2 ドクターから一言
嗜好の変化は、舌の表面にある味蕾で感ずる味覚(甘味、酸味、にが味、塩味など)の異常が原因です。味覚は体調や気分によっても変わります。プラス思考で努力と工夫するのはとても良いですね。

flower1 何か良い方法は?
東京都 Wさん (70歳)
平成14年8月、毎年検診を受けていた病院から再検査の通知があったのは、放送大学の卒業間近でした。自覚症状はありませんでしたが、胃内視鏡検査の結果、早期胃癌で胃を全摘しました。術後、縫合部狭窄で通過障害を起こし、バルーンで広げました。薬はベリチーム(消化薬)、ラックビー(整腸薬)、フオイパン(たん白分解酵素阻害薬)、マーロックス(酸抑制薬)を服用中ですが、胸やけ、逆流は治まりません。体重は35kgまで落ち(身長154cm)、やっと40kgになりましたが、その後は増えません。好きだった牛乳や果物が食べられなくなりました。回復させる良い方法はないでしょうか。

flower2 ドクターから一言
術後の体内の亜鉛減少も味覚異常を起こす一因です。一度味覚検査を受けて、亜鉛量が低い場合は補給してください。亜鉛を含むプロマック顆粒が良いでしょう。大豆製品にも亜鉛は多く含まれます。

Copyright(C) 昌平クリニック.記事の無断転載を禁じます