アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB 294号(12/'06)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です
ひまわり 下 痢
flower1 好きな山登りで解消  
滋賀県 Kさん (53歳)
早期胃癌で胃を全摘してから、5年半たちました。術後、あらゆるダンピング症候群を経験しましたが、日増しに軽減してきました。しかし、下痢と便秘は何年過ぎても改善しません。便秘が続くと吐き気やつかえで食べられなくなり、下痢がひどいときはフラフラになり体力が減退しますが、おなかの中に何もなくなるので食べられるようになります。いずれにしてもおなかのコントロールができないことが最大の悩みでした。
  3年前、思い立って学生時代によく歩いた京都北山を中心に週1回、4〜5時間の山登りを始めました。すると、その週は体調が良いのです。何をどれくらい食べたかを心配するよりは適度な運動が良いようです。

flower2 ドクターから一言
Kさんは、術後、腸が過敏になっていたようですね。適度な山登りをすると全身運動になるので、腸の動きが調節されます。腸内の吸収力が高められ、下痢を止めます。また、疲れたときは、漢方薬の補中益気湯が良いです。

flower1 カスピ海ヨーグルトの出会い
福島県 Kさん (67歳)
私は昭和37年に盲腸、38年、卵巣のう腫、平成2年、子宮筋腫、そして、13年には胃癌で胃の幽門側を3分の2と胆のうを切除、計4回も開腹手術をしました。胃切除後は、少しでも食べると下痢、便秘の繰り返しで、体重は45kgから34kgに減り(身長142cm)、体力も減退しました。そんなとき、カスピ海ヨーグルトを勧められ、半信半疑で食べてみました。
  食べているうちに、いつの間にか下痢の回数が減り、農作業もできるようになりました。友達とのサークルにも進んで参加できるようになり「元気になれて良かったね」といわれています。私の体にはカスピ海ヨーグルトが合っていました。

flower2 ドクターから一言
ヨーグルトは、牛や羊の乳を乳酸発酵させたもので、優れた整腸作用があります。腸内細菌の種類は、人によって違いがあり、その人の体質に合う乳酸菌も違います。Kさんは、カスピ海ヨーグルトが良かったのでしょう。

flower1 マイペースで食事を楽しむ  
東京都  Fさん (61歳)
平成14年3月、胃癌で胃の幽門側を3分の2切除。術後の食事のとり方や後遺症についての指導を受け、先生からアルファ・クラブの会報もいただき安心して退院しましたが、下痢が続き、食事を味わう余裕どころか、食欲もなくなり、不安な毎日を過ごすようになりました。
  自分なりに食べ方を考えて、食べたいと思う物やおいしいと感じる物だけをゆっくりと楽しみ、食後30分は必ず休むようにしました。それが良かったのかわかりませんが、最近は下痢も少なくなってきました。

flower2 ドクターから一言
術後の経過や回復は、人によって異なり、決して一様ではありません。その人がおいしいと感じられる物はその人にとって一番合っている物です。下痢が長く続くときは、漢方薬の六君子湯、啓脾湯を試みてください。

Copyright(C) 昌平クリニック.記事の無断転載を禁じます