アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB 317号(11/'08)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です
ひまわり 腹 痛
flower1 塩を入れた温浴の効果
神奈川県 Tさん (64歳)

  平成16年11月、胃の幽門側を3分の2切除し、ビルロートI法で再建しました。術後、みぞおちと左側の肋間部あたりに重苦しい痛みを感じました。残胃と小腸との吻合部が狭くなり、食べたときに痛みが起こるのだと思い、食事には気をつけました。玄米、納豆、大根おろしなどを中心にして魚、野菜、果物などもゆっくり噛んで食べました。
  腹痛を軽減するには温めると良いのではと思い、お風呂の湯にひとつかみの食塩を入れて朝1回、夜2回、20分ずつ入りましたら、痛みが軽くなりました。少しぬるめのお湯にして塩を入れると長く入っていられるのでとても温まります。
  今年の5月頃に、頭痛が治まらないので神経科で頭部のMRI検査を受けたところ、脳内に2cmの腫瘍が見つかりました。腹痛対策に加えて脳腫瘍がこれ以上大きくならないように日常生活にも気をつけています。薬は消化性潰瘍治療薬のシメチジンやガスロンN、漢方薬の柴苓湯などを服用しています。
  残胃癌への対策も考えています。免疫力を高めようと、いろいろと試していますが、なかなか大変です。元気になれることを信じています。

flower2 ドクターから一言
  術後に腹痛が起こる原因の一つには、吻合部の狭窄があります。よく噛んで、ゆっくり食事をすることが原則です。食塩を入れての入浴法は、鉱泉浴の一つである食塩泉に値するものです。血行を良くして腸の動きも調節し、痛みを軽くします。


flower1 ジム通いで症状軽減
東京都 Sさん
平成13年1月、胃を全摘、脾臓、胆のうも切除しました。幼少の頃から体が弱かったので回復力がなく、退院するまで4ヵ月もかかりました。
  術後は、下痢や腹痛に悩まされました。食べた物が直接、腸に落ちるようになるので下痢になることや、その他の後遺症の説明は、手術が終わってしばらくたつまでありませんでした。
  食事は柔らかい物を中心にとりましたが、おやつにセンベイなどの硬い物を食べると必ず腹痛が起こりました。それも2時間くらい痛みが続き、死ぬほど苦しい思いをしました。今でも食後の腹痛はありますが、間食をしなければひどい腹痛も起こりません。食べたいのに食べられないのは本当につらいです。ただ、バナナを食べたときは腹痛が起こらないので外出時にはいつも携帯します。
  術後1年が過ぎてからスポーツクラブに通い始めました。体を動かしていると楽しい気分になります。腹痛は今でもありますが、下痢は改善されてきました。52kgの体重が術後39kgまで減りましたが、最近やっと42kgまで増えました(身長158cm)。

flower2 ドクターから一言
  何かと悩まれたようですが、術後7年以上を経過しているので、もう安心でしょう。バナナには消化酵素もあり、胃の手術をされた方にはお勧めです。スポーツクラブなどに通う日課は、生活のリズムを作るので、肉体的、精神的にも大変プラスになります。

→ 「胃を切除した人の後遺症対策」トップへ

Copyright(C) 昌平クリニック.記事の無断転載を禁じます