アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB 334号(4/'10)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です。
ひまわり や せ
flower1 体重増加のアドバイスを
東京都 I さん (71歳)
  平成17年3月、早期胃癌で胃の噴門側を3分の2切除しました。毎年、人間ドックを受診していた私が、なぜ癌にと、青天の霹靂でした。
  術前の体重は59kgでしたが(身長166cm)、術後1ヵ月で50kgまで減り、それからもどんどん減り続けて、2年後には45.5kgまで減りました。その後、体重減少はストップし、この3年ほどは同じ体重を維持しています。
  退院してからは、毎日、食事内容と体調を記録して管理しています。腸閉塞になりたくないという意識が強いので、食事量は腹七分目に抑え、規則的な排便を心がけてきました。食事量が足りないのか、体重は一向に増えません。しかし、幸いに腸閉塞にはなりませんでした。
  やせを克服したいと思って、多めに食べると詰まってしまし、頭を高くして寝ていても夜中の1〜2時頃に逆流がやってきます。太りたいことを主治医に話すと「体重が安定していて、減っていないのなら、今のままで良いですよ」といわれ、やせでも良いかと得心しています。ただ、叶うならば50kgくらいには増やしたいと思います。何か良いアドバイスをお願いいたします。

flower2 ドクターから一言
  体重が安定しているということは、摂取する栄養素と、体内での消化、吸収、新陳代謝などが適切に行われていることを示しています。もし、もう少し体重を増やしたいと思うならば、消化が良く、吸収率の高いバナナやローヤルゼリーなどを食後のデザートにひと口加えてみてください。

flower1 微量元素入りの水で体調良好
福岡県 Mさん (81歳)
  平成11年6月、胃の幽門側3分の2と胆のう、リンパ節を切除しました。術後1年ほどは、下痢と低血糖で52kgの体重が40kgまで減りました(身長153cm )。少しずつ回復して42kgまで増えましたが、5年過ぎて、再度、下痢、低血糖、そして高血圧がひどくなり、救急車のお世話になって、2ヵ月間、入院しました。体重は38kgまで減っていましたが、退院時には42kgに戻りました。
  友人の勧めで、微量元素入りミネラル水を飲み始めてから体調も少しずつ落ち着きました。食事は緑黄色野菜と大豆を中心に、消化の良い物をゆっくりと食べます。最近は肉類も少し食べられるようになりました。間食は10時にヤクルトとバナナ、3時に少し甘めのおやつ、焼きイモ、ヨーグルト、夜はリンゴ半分、寝る前に生ローヤルゼリーです。
  近頃は下痢や低血糖症状も体が覚えてくれ、予防法もわかるようになりました。外出時は必ず水、ブドウ糖を持参し、トイレの場所も確認します。おかげさまで体重は49kgまで増えました。会報の皆さまの体験談を参考にし、元気になったことに感謝しています。

flower2 ドクターから一言
  下痢、低血糖が続いた状態を、よくコントロールされましたね。適切な間食が良かったのだと思われます。ローヤルゼリー、バナナ、リンゴなどは、私もお勧めの食品です。そのほかに、玄米の小豆がゆも良いですよ。

→ 「胃を切除した人の後遺症対策」トップへ

Copyright(C) 昌平クリニック. 記事の無断転載を禁じます