アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB 347号(5/'11)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です
ひまわり 腸 閉 塞
flower1 同じ悩みの方、話しませんか
福島県 Kさん (54歳)
  平成19年8月6日、印環細胞癌で胃を全摘しました。20歳から十二指腸潰瘍で薬物治療をし、完治したのですが、40歳を過ぎて、今度は胃潰瘍になり、再度、薬物療法を受けました。それからは定期的に胃カメラ検査を受けていました。その頃に、ピロリ菌を除菌していれば、癌にならなかったのかもしれませんね。
  胃の全摘後は、ひと口食べるのがやっとでした。食べるとムカムカして気持ちが悪くなるし、腸はグズグズと動くしで、1時間はベッドの上にお膳を置いていました。
  同8月31日、挙上した空腸が狭窄して、再度、開腹手術になりました。術後5日間は血圧が低かったため、痛み止めを頻繁に使えず、傷口が痛くて泣いていました。退院後も身体に力が入らず、家の中では、はってトイレに行く状態でした。
  術後は軟らかいご飯を食べていましたが、数回、腸閉塞を起こしてしまいました。今は腸閉塞には特に気をつけています。鼻からチューブを入れられるのは苦痛ですから。朝は全がゆを食べ、お昼も全がゆのお弁当を持参します。夕食には全がゆは食べず、ヤクルトや温めた牛乳、野菜ジュース、トマトジュースを飲んでいます。
  毎食後、下痢と血糖値を下げる薬を服用しています。それでもおなかが張ったり、ガスの出方が悪かったりするときもあります。うっかり早食いすると、つかえますが、吐くと楽になります。
  何でも食べられる胃のある人はうらやましいですね。同じ悩みの方は、ぜひお手紙をいただけたらと思います。

flower2 ドクターから一言
  胃全摘後、1ヵ月以内の挙上空腸狭窄による再手術は、本当にお気の毒です。その後に起こされた腸閉塞も同じ部位での症状かと思われます。おかゆ、流動食を主としているようですが、よく噛めば消化酵素の唾液アミラーゼが分泌されますので、ご飯でも良いはずです。腹痛、腸ガスには、六君子湯(りっくんしとう)大建中湯(だいけんちゅうとう)も良い薬です。

flower1 食の基本を忘れて
兵庫県 Oさん (62歳)
  平成14年3月、胃癌のため胃の幽門側4分の3を切除しました。
  術後3年たった頃、朝ご飯を食べると、少しおなかが張った感じがしたのですが、大丈夫だろうと思い、散歩に出かけました。20分ほど歩くとおなかが痛み出し、耐えられずにしゃがみ込んでいると、通りがかった方が救急車を呼んでくれました。腸閉塞と診断され、すぐに入院となり、1週間も絶食しました。
  その後は、腸閉塞には気をつけていたのですが、半年後に再発しました。原因はわかりませんが、食べ方が速くなり、よく噛まずに食べていたのではと反省しています。

flower2 ドクターから一言
  胃切除後3年経過してから、突然の腸閉塞は驚かれたことでしょう。Oさんの場合は、腸のどこかに癒着か屈曲があって、食べた物が一気にその部分に送られたために、車の渋滞のように混乱を来たしたのです。ゆっくりと噛むことは、食の基本ですね。

→ 「胃を切除した人の後遺症対策」トップへ

Copyright(C) 昌平クリニック. 記事の無断転載を禁じます