アルファ・クラブ掲載記事   アドバイス 昌平クリニック院長 鍋谷欣市

以下はALPHA CLUB 352号(10/'11)【私の工夫 それぞれの後遺症対策】に掲載された記事です
ひまわり 腹 痛
flower1 おなかにガスがたまり1日中痛む
岡山市 Fさん (60歳)

  平成17年9月、胃癌で胃の幽門側を3分の2切除しました。早期癌で回復も順調だったのですが、おなかにガスがたまりだし、おなかの張りや痛みで食欲もなく、気力も失せてきました。いろいろな病院で診てもらい、癒着が原因で腸の動きが良くないといわれました。
  術後5年もたてば良くなるだろうと思っていましたが、その頃からさらに痛み、ガスが高じてきました。左ろっ骨の下辺りの腸にガスがたまり、ムカムカしたり吐き気がしたりします。
  癒着以外には検査で異常はありませんが、1日中痛みます。元内科部長だった方から疼痛科を訪ねてみたらといわれ、通い始めました。同じ悩みの方の話が聞きたいです。

flower2 ドクターから一言
  胃の3分の2を切除されたとのことですが、再建方法、現在の身長、体重、食事など、もう少し具体的な実態を知りたいものです。検査では異常なしとのことですが、癒着はどの辺りなのでしょうか。1日中の痛みは、確かに異常です。さらに追求してください。漢方の大建中湯(だいけんちゅうとう)と小建中湯(しょうけんちゅうとう)を混ぜた中健中湯(ちゅうけんちゅうとう)を一度試してみてください。


flower1 朝食の工夫で軽減
大阪府 Iさん (66歳)

  平成19年4月、胃癌で胃の幽門側を3分の2切除し、ビルロートI法で再建しました。女房の胃カメラ検査に随行して一緒に受けた胃カメラ検査で胃癌を指摘されました。外科医から「アワビ大の腫瘍があるので、手術できるかどうか、検査が必要です」といわれ、頭が真っ白になりました。検査後、「手術可能」と告げられたときは、これで少しはゆっくりできるとほっとしたものの、手術までの3週間は身辺整理で、あっという間に過ぎてしまいました。
  術後、病院食が始まると、毎食後、腹痛と下痢に襲われました。退院後も1日3回食にしていますが、食後に少し歩くとギリギリとした腹痛の後、通すような下痢が起こり、げっそりと力が抜ける思いでした。
  アルファ・クラブ会報の体験談を読み、朝食に納豆1パック、バナナ1本、ヨーグルト150gをとるようにしてから、少しずつ腹痛と下痢の回数が減ったように思います。
  腹痛は、腸内で発生したガスが、うまく体外に放出されないときに起こることがわかり、ビオフェルミンを処方してもらい、毎食直前に服用しています。当初、ガスは鼻が曲がるような悪臭でしたが、最近は少しはましになりました。ただ、食後に人知れずガスを出す努力は続いています。ひと口60回の咀しゃくと、バランス良い小食を心がけて、術後63kgに減った体重を維持しています(身長165cm)。

flower2 ドクターから一言
  腸内で発生したガスのコントロールは、胃手術後の大きな課題の一つです。食事の摂取を1日3回にされていますが、4〜5回に分けることも、一つの対策です。ひと口60回の咀しゃくは、たいへんな努力ですが、成果が実っていますね。漢方の半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は、発酵性の腹痛下痢によく効く薬の一つです。


→ 「胃を切除した人の後遺症対策」トップへ

Copyright(C) 昌平クリニック.記事の無断転載を禁じます