院長: 鍋谷欣市 医師の紹介ページへ
診療方針

  当クリニックは漢方治療専門院として、一人一人の症状を把握して、その時のその人に合った漢方薬を処方するオーダーメイド治療をおこなっています。
  東西両医学の長所の融合にも視点をおき、鍋谷欣市院長のもとに、東洋医学+西洋医学に経験豊富な医師が“優しく丁寧に”診察いたします。まずは、全身を詳しく診ることから始めます。
  難病でお悩みの方もご相談ください。豊富な経験からセカンドオピニオン(漢方相談サービス)にも応じています。

蓮の花の写真診察時は以下の「四診」を正しくおこないます。
   望診(ぼうしん) : 顔色、皮膚、爪、舌などをみます。
   問診(もんしん) : 苦痛や症状を詳しく聞きます。
   聞診(ぶんしん): 聴診、血圧を測定します。
   切診(せっしん) : 脈診、腹診などの触診。
               とくに腹診を重視しています。
瞬間皮膚温度計で全身の皮膚温度を測定し治療に役立てています。
Copyright(C) 昌平クリニック. 記事の無断転載を禁じます