漢方掲載記事 『壮快』 目の難病は漢方で治る!

以下は、健康雑誌『壮快』2012年3月号(マキノ出版)に掲載された記事です。

clover 第5回 加齢黄斑変性症、網膜色素変性症
 
昌平クリニック医師  菅原 万喜

clover 高齢化や食生活の欧米化で急増中!
  加齢黄斑変性症と網膜色素変性症は、どちらも目の中の網膜(目でとらえた対象を実像化させる部位)が異常を来たすことによって起こる疾患です。
  網膜色素変性症の発症率は、約5000人に1人といわれています。一方の加齢黄斑変性症は、昨今の高齢化や食生活の欧米化に伴い、発症率が急増しています。年齢が高くなるにつれて、さらにその割合は上がっていきます。
  両者とも少なくない病気でありながら、いまだ完治に至る治療法は確立されていません。ですので、進行を防ぎ、できるだけ目の状態をよく保とうとすることが、漢方治療の目的となります。
  それでは、それぞれの症状について詳しくご説明しましょう。
  加齢黄斑変性症は、視野の中心部が暗くなって見えにくくなるのが特徴です。ほかにも視力低下や、物がゆがんで見えるなどの症状が現れます。こうした症状は、加齢による老廃物の蓄積や炎症によって、網膜の中心の黄斑部(網膜の中心にある黄色の部分)で出血が起こることが原因です。
  加齢黄斑変性症には、漢方薬では、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)がよく用いられます。黄連解毒湯は、充血や炎症を抑制し、出血を止める効果のある黄連(キンポウゲ科オウレンの根茎)や黄芩(おうごん・シソ科コガネバナの根)などの生薬(漢方薬を構成する草根木皮)によって構成されています。
  ほかには、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が適しています。桂枝茯苓丸は、瘀血(おけつ・血液の滞り)を取り除く駆瘀血剤です。炎症や瘀血を解消する桃仁(とうにん・バラ科モモの種子)や牡丹皮(ぼたんぴ・キンポウゲ科ボタンの根皮)など、5種類の生薬によって構成されています。
  また、桂枝茯苓丸に加えて、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)などの柴胡剤(生薬の柴胡を用いた漢方薬)を用いることも多くあります。
  次に、網膜色素変性症の症状ですが、まず、暗いところで物が見えづらくなる「夜盲」という症状が、多く現れてきます。  
  そして、進行とともに、見える範囲が狭くなる視野狭窄が始まります。
  網膜色素変性症は、およそ半分が遺伝といわれ、幼少期から中高年と、その発症年齢もさまざまです。
  そして残りの半分は、いまだに原因がよくわかっておりません。ただ、原因の1つとして、目の奥の血流が何かしらの要因によって悪化することが、網膜の障害に影響を及ぼしているのではないかと考えられます。
  網膜色素変性症に対しては、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)柴胡桂枝乾姜湯などの漢方薬をよく用います。これらは、血行をよくし、網膜に老廃物をたまりにくくしたり、網膜の細胞の働きを高めたり、目の血管を丈夫にしたりします。
  比較的体力があって体が丈夫な人には、柴胡桂枝湯が適しています。柴胡桂枝湯は、体を温めて血行をよくする桂枝(クスノキ科ニッケイの若枝)や芍薬(しゃくやく・ボタン科シャクヤクの根)など、9種類の生薬で構成されています。
  一方の柴胡桂枝乾姜湯は、体に冷えがあり、虚弱体質で神経質な性格のかたに適しています。こちらは、生薬の中でも特に体を温める作用の強い乾姜(ショウガの根茎)など、7種類によって構成されています。
  また、網膜色素変性症では、目の中に色素沈着のシミが現れることが多くあります。このシミは、瘀血の症状の1つと考えられます。この場合は、加齢黄斑変性症にも用いる桂枝茯苓丸を処方することがあります。

clover ゆがんで見える症状が1週間で改善!
  では、実際の症例をご紹介しましょう。

  60代の女性Sさんは、57、8歳のころから、物がゆがんで見えるようになり、加齢黄斑変性症と診断されました。そして眼科では、そのころ主流だったレーザー治療を勧められたのです。しかし、レーザー治療に対して恐怖心があり、Sさんは、漢方薬での治療を選びました。
  Sさんは、心配性なかたで、不眠や発汗の症状がありました。また、おへその上下に動悸があり、おなかの筋肉が突っ張っていたので、駆瘀血剤の桂枝茯苓丸と、柴胡桂枝乾姜湯を処方しました。
  その効果はすぐに現れました。飲み始めてから1週間で、物がゆがんで見える症状が改善したのです。それからも引き続き漢方薬を服用し、病気の進行がおさえられています。
物がゆがんで見えたら要注意!
  30代の男性Kさんは、8年前に網膜色素変性症を患い、暗いところで物が見えなくなり、視野が狭くなりました。また、視力の低下も見られました。非常に体格のいいかたのため、体力のある人向きで、柴胡桂枝湯よりも効き目の強い大柴胡湯(だいさいことう)という柴胡剤を処方したのです。
  その結果、視力低下がおさえられ、視力が0.8~1.0に保たれるようになりました。その後の視野検査でも、ほとんど変化は見られず、色素のシミなどもふえていません。
  このように、漢方薬によって加齢黄斑変性症や網膜色素変性症の症状が改善したり抑制されたりする例は、少なからずあります。
  漢方薬の治療は、なるべく早く行うことをお勧めします。早期に発見し、治療が早いほど、改善効果が期待できるのです。
  発症から一定期間が経過している場合でも、遅くはありません。症状の緩和や進行予防に、漢方薬は大いに役立つと考えられます。

line

漢方治療は、その時のその人に合った薬を微調整するオーダーメイド処方です。
  当クリニックでは、経験豊富な漢方医があなたに合った治療を提案します。お気軽にご相談ください。


Copyright(C)昌平クリニック.記事の無断転載を禁じます