院長: 鍋谷欣市 医師の紹介ページへ
FlowerIcon院長の健康法: 「バランスを考える」
   人に自慢するほどの健康法はないのですが、中国古典にある「過ぎたるは及ばざるがごとし」
   を守るようにしています。常に無理をしないで調和のとれた生活をするということでしょうか。
   言いかえれば、すべてにわたってバランスを考えた生活をするということです。特に食べる、
   体を動かす、寝る、
この三つがポイントです。

FlowerIcon食事について
   食事は偏らずいろんなものを食べる。
   お酒を飲む時も御飯を食べる。
   食べ過ぎも少なすぎもしない。
   朝昼晩とバランスよくとる。(朝食をぬかない)

野草
FlowerIcon体を動かす
  できるだけ車に乗らないで歩く。
  20分位なら歩いた方がいい。しかも歩く時はただ歩くだけでけでなく目標を決めて、自分の
  歩幅で目標までの距離を測りながら歩く。すると距離感がよくなるので、例えばこの横断歩
  道は何メートルあるかという判断能力が持てるようになります。

FlowerIcon睡眠について
  適当に寝ること。(適当というのはピッタリして丁度いいという意味です)
  寝過ぎても寝不足でもいけませんが、7〜8時間はとった方がいいようです。
  何事にもバランスよく調和を保つというのは非常に難しい。でも「過ぎたるは及ばざるがごとし」
  で、健康であるためには心も体も中庸であること、それが一番です。

Copyright(C) 昌平クリニック. 記事の無断転載を禁じます